美白の基本は肌を労わることです

美白化粧品 > 肌に刺激を与えると美白になれない!

肌に刺激を与えると美白になれない!

洗顔後、顔をの水分を拭き取るときに、どのようなタオルを使っていますか?ナイロン製で、なおかつごしごしと拭きとっているのなら、それはやめたほうが良いでしょう。肌へ強い刺激を与えてしまうと、しみができてしまい、美白ケアの妨げになってしまいます。

透き通った明るく白い肌を目指しているのならば、皮膚は必要以上にこすってはいけません。タオルで拭き取るときもそうですが、洗顔をするときもごしごしと洗ってはいけません。洗顔をする際は、しっかり洗顔料を泡立てること、肌への刺激が強くないものを選ぶようにしましょう。

また、お化粧をするときもこすりすぎてはいけません。実はファンデーションってこするよりも、軽く叩いた方が薄塗りになり、肌にもフィットしやすいのです。こすってしまうと粉っぽさも出ますし、なによりも、毎日こすり続けることで、段々とメラニンが溜まり始めてしまいます。せっかく毎日美白ケアをしていても、こすり続けていることで、ケアしている意味が無くなってしまうのです。

しかし、肌を必要以上にこすったりして、刺激を与えることをやめれば、数ヶ月後にはメラニンは剥がれ落ちて、綺麗になります。ただし、真皮層にはまだメラニンは潜んでいますので、常に肌に刺激を与えないということを意識しなくてはなりません。

また、このように刺激を与え続けた肌は、紫外線の影響を受けやすく、こするのをやめても紫外線のダメージによりシミができやすくなっています。そのため刺激を与えないことの他に、紫外線対策もいつも以上にしなくてはなりません。

ですので、もしも美白を目指していたり、白い肌を守りたいのならば、刺激と紫外線に注意しましょう。また、肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促す成分のある化粧品でスキンケアしたり、規則正しい生活習慣を身につけたりすることも大切です。食生活の乱れも、肌に大きく影響してしまうので、バランスの良い食事を心がけてくださいね。


 くすみを改善する美白ケアとは?   肌に刺激を与えると美白になれない!