美白化粧品の選び方

美白化粧品 > 肝斑の改善が期待できる成分配合の美白化粧品

肝斑の改善が期待できる成分配合の美白化粧品

肝斑(かんぱん)は30歳代から40歳代の女性に特有のお肌トラブルのひとつです。こういった肝斑にもハイドロキノン配合の化粧品は有効です。ハイドロキノンはお肌の漂白剤ともいわれるほどの高い効果があるのです。ここでは肝斑の改善が期待できるハイドロキノンについてご紹介いたしましょう。
http://www.xn--t8j4aa4n951ohdcf98gzkk8kg.jp/index-17.html

「肝斑だと思っていても病院に行くほどではない」と感じている女性の皆様はハイドロキノン配合の化粧品を試してみてはどうでしょうか? お肌にできてしまう色素沈着という観点からみたら肝斑もシミも同じです。

しみの原因の多くは紫外線です。 一方、肝斑は女性ホルモンのバランスに深く関係があると言われています。 肝斑は、経口避妊薬ピルを服用した時や妊娠時に発症してしまうケースが多くみられます。 そして、閉経を迎える50代歳代の後半ぐらいから60歳になる頃には肝斑が薄くなる例も少なくありません。

肝斑としみは、見た目にも大きく違いがあります。 しみは小さな斑点がいろいろな場所にできます。 肝斑ができてしまうよくあるパターンは頬骨に沿って左右対象に広がるような感じです。 肝斑は体の内側に原因があるのです。 しみ治療のようにレーザー治療で消せばOKというものではないのです。

むしろレーザー照射をしてしまうと余計に濃くなる場合もあると言われているほどです。 外用美白剤と内服薬を使っていく方法が一般的にクリニックで行われている肝斑の治療法です。 その際に医師から外用薬として処方されることが多いのがハイドロキノン化粧品です。

お肌の漂白剤と呼ばれる程のブリーチ作用があります。 広がってしまった斑を薄くしながらメラニン色素の生成を抑制するのです。 余談ですが「肝斑は体の内側に原因があるから紫外線はあまり気にしなくっても大丈夫」と単純に考えているのは駄目です。

肝斑が紫外線を浴びることでさらに濃くなってしまいます。 ハイドロキノン化粧品を使うとともに毎日の紫外線ケアは怠らないように注意してください。


美白成分・新安定型ハイドロキノン

美白の有効成分と言えば、ハイドロキノンです。 このハイドロキノンという成分は、シミを除去するために皮膚科で処方される薬に配合される程、効果が期待できます。 効果は、メラニン色素がつくられるのを抑制し、メラニン細胞を作る細胞そのものを少なくさせます。

また美白に欠かせないもうひとつの成分は、ビタミンAです。 肌の再生を助ける効果があり、ハイドロキノンと併用すれば、シミに対し協力に働きかけるようです。 ただし、ハイドロキノンは刺激が強いこともあり、およそ2%までが肌に負担をかけない配合率になります。

なぜなら、ハイドロキノンは酸化しやすく、紫外線や熱によって成分が変質してしまうという、不安定な物質です。 そして成分が変質してしまうと、肌へ悪影響を与えてしまうのです。 そのため高濃度のものになると、皮膚科の医師の元で使用することになります。

さて、この効果も肌への負担も高いハイドロキノンに代わって、新安定型ハイドロキノンという成分があります。 これは従来のハイドロキノンよりも肌への刺激が少なく、かつ安定したものになりました。また気化する速度も変わり、肌に浸透するスピードがゆるやかです。

また美白効果は高いままであり、アレルギー症状や、肌の炎症もないことから安心して使用することができます。 肌への刺激が少ないので、敏感になりがちな妊娠中や授乳中でも使用することができ、産婦人科で取り扱う程です。 このことから美白効果があり、なおかつ妊婦でも使用できるほどの低刺激であることがわかります。

妊娠中や授乳中は、胃薬ひとつでも飲んで良いものか迷いますよね。 残念なことに出産後は、女性ホルモンが急激に減少することから肌トラブルを招きやすい状態となります。 そのため、出産前後で使用する化粧品の種類が違うこともあるようです。

このように体調の変化にも左右されず、美白効果が維持できる新安定型ハイドロキノンは今後も増え続けていくでしょう。 美白効果の化粧品を求めるならば、ぜひ新安定型ハイドロキノンの成分を探してください。


 くすみを改善する美白ケアとは?   肌に刺激を与えると美白になれない!